公益財団法人豊田市文化振興財団(以下、財団)は営利を目的としない文化事業(以下、事業)について、下記の通り名義後援を行っています。申請は事業内容の審査の後に承認されます。

事業の開催を名義後援いたします。人的、物的、金銭的な支援はいたしません  例) ・チラシ、ポスターなど、PR媒体への後援名義使用の許可 ・文化振興財団の発行する印刷物、ホームページ、マスコミなどへの事業情報の提供 ・プログラムなど印刷物への財団理事長あいさつ文の作成(一部、財団登録団体・個人のみ)

事業計画から事業の終了まで、主催者がすべての責任をもって事業を進めていただきます 。
承認が決定される前に、名義を掲載した印刷物の配布、掲示等をしないでください。今後の後援等ができなくなることがあります。
ご提出いただく書類は次のとおりです

【後援申請書】後援申請に必要な申請書です。押印が必要です
【収支予算書】申請事業にかかる収支予算書です
【添付資料】前回開催時の資料(パンフレットなど)を2部添付してください
(今回が初めての場合は、今回の企画書)
※その他、場合により別に資料が必要になります(詳細は本ページ最下段の「後援申請についてのお願い」をダウンロードの上、ご確認ください)

(一部添付資料を除く上記書類は本ページ最下段よりダウンロードでできます)

申請書作成上の注意事項

  1. 後援申請書の記入について ・「目的」と「内容」を混同しないよう明確にご記入ください(記入例を参考にしてください) ・「収支予算書」および「継続の場合の前回事業資料または初回の場合の企画書(2部)」を必ず添付してください ・豊田市・豊田市教育委員会への後援依頼は、財団登録団体・個人のみ手続きを代行します
  2. 後援等申請書の提出期限について ・後援のみの場合は、印刷物を作成する1ヶ月前までに提出してください ・あいさつ文が必要な場合(財団登録団体・個人対象)は、印刷物を作成する2ヶ月前までに提出してください
  3. 名義の正しい記入表現について ・公益財団法人豊田市文化振興財団と表記してください ・3か所からの名義後援を表記する場合、 「豊田市」・「豊田市教育委員会」・「公益財団法人豊田市文化振興財団」の順に表記をお願いします
  4. その他尊守事項について ・申請内容に変更を生じた場合は、直ちに連絡してください ・出来上がった印刷物等は、資料として速やかに提出してください ・事業終了後、承認書と同時にお渡しする事業報告書を必ず提出してください

ファイルイメージ

後援申請書・記入例


ファイルイメージ

収支予算書・記入例


ファイルイメージ

後援申請についてのお願い・提出書類チェック表


ファイルイメージ

団体の概要・個人活動の概要 記入用紙


シェアする