豊田文化賞


佐々木嵓邦(ササキ ガンポウ )

 1954年(昭和29年)、昭和の三筆といわれた故手島右卿氏に師事、少字数の淡墨を得意とし、1955年(昭和30年)日展初入選以来、日展、後に「独立書展」を中心に活躍。「日本の書展」招待など、師ゆずりの典雅で気品にあふれた作品は書道界から高く評価されている。1981年(昭和56年)豊田書道連盟設立、初代理事長に就任。書道に対する深い造詣と高い見識でリーダーシップを発揮し、各流派、会主を束ねて、豊田書道連盟の発展に尽力され、豊田市の文化振興に多大なる功績を残された。


1927 旧満州に生まれる
1954 手島右卿師に師事
1955 独立書道会(現在 公益財団法人独立書人団 )第3回展に出品特選、日展初入選(以後8回)
1960 独立書道会会員に推挙
1966 財団法人勤労センター石碑「憩の家」 揮毫
1972 日本の書展出品(以後毎年出品)
1973 名古屋日展中日賞 受賞
1974 独立書展会員賞 受賞、豊南中学校校歌 揮毫
1981 豊田書道連盟設立 初代理事長就任、毎日書道会審査会員に推挙
1983 豊田文化協会功労賞 受賞
1985 社団法人中部日本書道会西三河支部 支部長、国際青年デー記念炮烙山石碑「若人の森」揮毫
1988 豊田書道連盟・豊田市日中友好協会併催にて日中友好書家展開催
1989 世界デザイン博覧会協賛こころの書・夢の書出品
東海毎日現代書作家研修 シンガポール展出品(訪シ)
1990 豊田市戦没者追悼之標 揮毫
1992 豊田芸術選奨 受賞、豊栄町R248号歩道橋等 揮毫
2009 第58回独立書展会員特別賞 受賞
2010 燦燦書展(佐々木嵓邦・石川小歩、近藤香風)(豊田市民文化会館)
2013 毎日書道会名誉会員に推挙


豊田芸術選奨


小林豊(コバヤシ ユタカ)

 端正で穏やかな表情の具象彫刻作品は、愛知県立芸術大学時代から高い評価を得て、卒業後は国画会を活動の拠点として活躍し、1980年(昭和55年)に初出品で第54回国展国画賞を受賞した。その後数々の賞を受けられ、1986年(昭和61年)には第60回記念国展で会員推挙。作家の傍ら、若手美術作家の自己表現の場としての美術展「K-TEN」にも携わり、多くの作家の卵を育てるなど、豊田市の美術文化の振興と発展に多大なる功績を残された。


1955 福島県矢吹町に生まれる
1980 愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了               
   第54回国展国画賞受賞(初出品)
   第14回現代美術選抜展招待出品(文化庁主催)
1982 第56回国展新人賞受賞 準会員推挙
   第16回現代美術選抜展招待出品(文化庁主催)
1984 文化庁芸術家国内研修員 東京芸大名誉教授千野茂に師事
1986 第60回記念国展 会員推挙
1988 豊田文化奨励賞受賞
1990 愛知県立芸術大学彫刻専攻非常勤講師(~2001)
1994 「K-TEN」に携わる(~現在)
1995 豊田市民展 審査員(~2002)
1998 第7回現代日本具象彫刻展(千葉市立美術館)
2001 豊田市文化振興財団評議員(~2004)
2004 ロータリー100周年記念事業「松尾芭蕉像」制作 新白河駅
2014 岡崎南ライオンズ50周年記念モニュメント「遥」制作 JR岡崎駅
現在 国画会会員、日本美術家連盟会員、豊田美術連盟副理事長
   小林美術研究所主宰


豊田文化功労賞


柳澤新治(ヤナギサワ シンジ)

 NHKで古典芸能、特に能狂言番組ディレクターとして携わった豊かな経験を生かし、1994年(平成6年)から豊田市コンサートホール・能楽堂企画運営委員、1998年(平成10年)から豊田市能楽堂事業アドバイザーとして、地域性を考慮した質の高い事業の企画・構成、施設運営、また職員の育成、能力向上に対し、熱心に助言指導するなど、豊田市能楽堂の振興に寄与している。また財団が行う「こどもによる日本の伝統芸能」「農村舞台アートプロジェクト」の企画に対しても参画し演出の他、指導・助言を行うなど豊田市の文化振興、特に伝統芸能の振興に寄与している。


1936 台湾台南市に生まれる
1959 名古屋大学法学部政治学科卒業
   日本放送協会(NHK)入局 名古屋中央放送局、金沢放送局をへて東京中央放送局に配属
1986 NHKエンタープライズ プロデューサー
1994 豊田市コンサートホール・能楽堂企画運営委員(~2011)
1998 豊田市能楽堂事業アドバイザー(~現在)
2002 新作狂言「大久保彦左衛門の夢」を制作し、豊田市能楽堂で初演 
2005 新作狂言「徳阿弥でござる」を制作し、豊田市能楽堂で初演
   愛知万博記念・謡と舞でつづる狂言ミュージカル「ふるさとの四季」を企画・構成し、豊田市能楽堂で上演
   「浄瑠璃姫の笛」「矢作川の主」「ある日の三英傑」等、台本を作成、それぞれ豊田市能楽堂等で初演
2011 能「朝長」を新演出・再構成し、豊田市能楽堂で初演
その他  NHK収録、全国ネットでの放送を監修(豊田市能楽堂を全国に発信)
・1998 開館記念特別公演「名匠鑑賞能~人間国宝の競演~」
・2000 定期公演
・2001 開館3周年記念特別公演
開館10周年記念出版「能狂言が見たくなる講座十撰」を監修(2008)
現 在  豊田市能楽堂事業アドバイザー


豊田文化奨励賞


酒井信代(サカイ ノブヨ)

 19歳でフラダンスを始め、大学を卒業後は本場ハワイに渡り、フラ・タヒチアンダンスをハワイ島在住の鬼才と称されるクムフラ・ジョニー・ラム・ホー氏に直接学び、フラの精神から技術まで熱心に習得された。帰国後2004年(平成16年)には東京で行われた「ジャパン・カウアイ・モキハナ・フェスティバル」において古典・現代2部門で優勝、同年には24歳でフラダンススクールを開設する。

2013年(平成25年)には千葉県で開催されたタヒチアンダンスの日本大会「タヒチ・ヘイヴァ・イン・ジャパン」においてショーチーム「エカラーポリネシアンズ」を率いて最優秀作品賞を始め4つの賞を獲得する快挙を成し遂げた。豊田やみよしのスクール運営はもちろんのこと、社会貢献として斉藤病院ディケアや豊田市ひまわり学園などを毎年訪問、また高岡農村環境改善センター祭りでフラダンスを披露するなど地域交流にも積極的に参加されるなど今後の活躍が期待されている。


1979 豊田市に生まれる
1998 愛知淑徳大学在学中に名古屋でフラを習い始める
2001 ハワイ島のクムフラ・ジョニー・ラム・ホーに師事する
2004 ジャパン・カウアイ・モキハナ・フェスティバルの古典・現代2部門に優勝
   ミスモキハナフラジャパンを獲得
   恩師ジョニー・ラム・ホー命名のもとフラスクール「ハラウ アイナ ホオプカ エ カ ラー」(太陽の昇る場所の意 )を豊田で開設
2009 本校を名古屋市千種区内山町に開設
   スクールメンバーで「エカラーポリネシアンズ」を結成し独自のスタイルでフラショーの構成、演出
2010 恩師ジョニー・ラム・ホーのHalau O Ka Ua Kani Lehuaの一員としてハワイ島メリーモナークコンペティションに日本では唯一人の出場となり注目を浴びる
2013 「タヒチ・ヘイヴァ・イン・ジャパン2013東京大会」に生徒と共に26名で出場、グループアパリマ部門で優勝し、最優秀作品賞、ベストコスチューム賞の3冠を獲得する。またアフロア部門では準優勝を受賞(千葉県舞浜市舞浜アンフィシアター)
2014 9月に恩師ジョニー・ラム・ホー氏を招き10周年記念発表会&コンサートを開催予定


福岡正臣(フクオカ マサオミ)

 名古屋芸術大学在学中、1994年(平成6年)に第26回日展初入選(以降13回入選)、1996年(平成8年)には第31回日春展にて初入選(以降10回入選)を果たす。その後2006年(平成18年)の第37回日展東海展において中日賞を受賞、第4回奈良万葉日本画大賞展で準大賞を受賞する。2010年(平成22年)には日展会友に推挙され、2012年(平成24年)には京展で市長賞、全関西美術展で佳作賞を受賞するなどその芸術性は高く評価されている。また、東京、名古屋、京都など各地でグループ展を開催するなど積極的な活動をされている。さらには、教育美術分野にも力を注がれ、子どものための様々なプログラムを精力的に展開されるなど今後の活躍が期待されている。


1972 豊田市大ヶ蔵連町(旧小原村)に生まれる
1994 第26回日展 初入選(以降13回入選)
1995 名古屋芸術大学日本画科卒業
1996 第31回日春展初入選(以降10回入選)
1997 名古屋芸術大学大学院美術研究科造形専攻修了
2006 第37回日展東海展 中日賞受賞、晨鳥社入会、中路融人先生に師事
2008 晨鳥社展60回記念山口華楊と晨鳥社の今出品
   第4回奈良万葉日本画大賞展 準大賞受賞
2010 日展会友推挙
2012 京展 市長賞受賞(京都市美術館)
第58回全関西美術展 佳作賞受賞(大阪市立美術館)
その他 豊田東高等学校 新体育館の緞帳図案下図の制作


渡邉清井(ワタナベ セイセイ)

 2001年(平成13年)日本刻字展にて理事長賞を受賞。その後も各書道展に入賞を重ね、古典を昇華した書・刻字作品を通して書家としての資質を高められ、その作品は高く評価される。また、毎日「現代日本の書代表作家パリ展」にて刻字制作のワークショップを行うなど国際的な文化の活性化に尽力されている。2013年(平成25年)第65回毎日書道展(刻字部)にて毎日賞を受賞し、新進刻字作家としての将来の大成が嘱望されている。


1967 名古屋市に生まれる
1983 安藤豐邨先生に師事
1993 毎日書道展 初入選
1999 書真会展 山下涯石記念賞受賞
2001 日本刻字展 理事長賞受賞
2005 毎日書道展 佳作賞受賞(同2010、2012)
    豊田書道連盟理事に推される 
2007 恵那市岩村町土佐屋にて個展
2008 鈴木桐山先生に漢詩の手ほどきを受ける
2011 毎日書道展 秀作賞受賞
2012 毎日書道会「現代日本の書代表作家パリ展」同行
   フランスギメ東洋美術館にてワークショップ、刻字製作指導を行う
2013 毎日書道展 毎日賞受賞
   豊田市民美術展 市長賞受賞
   国際刻字公募大展(韓国)に出品
その他 
豊南交流館自主グループにて書・刻字の指導(2009~)
豊田書道連盟の「書写指導ボランティア活動」に参加し、市内小学校にて書き初め指導を行う。(2011~)
コモスクエアー都心ギャラリーにて豊南交流館自主グループ展の開催(2013)


文化振興財団功労賞


今井不二栄(イマイ フジエ)

 永年にわたり歌謡曲に造詣を深め、豊田市歌謡連合協会の副理事長として会の運営にあたるとともに、「とよた素人のど自慢大会」の企画・運営に携わる。また、豊南交流館自主グループ「豊南カラオケ愛好会」を設立し、リーダーとして活躍する傍ら地域にてカラオケ指導のボランティア活動にも積極的に取り組み、後進の指導・育成にもあたり、地域の芸術文化の振興に多大な功績を残された。


1943 豊田市に生まれる
1983 豊南公民館自主グループ豊南歌謡同好会設立
1994 豊田市歌謡連合協会設立 事務局総括事務を担当
1995 第1回とよた素人のど自慢大会開催
1999 第5回とよた素人のど自慢大会の企画・運営を担当
2000 西加茂郡藤岡町カラオケ大会優勝
2004 豊田市歌謡連合協会 副理事長兼会計に就任、現在に至る
2010 豊南交流館自主グループ「豊南カラオケ愛好会」設立


有我重代(ウガ シゲヨ)

 永年にわたり俳句に造詣を深め、「松籟」同人・役員をはじめ、市民俳句会の運営委員として、会の発展のために貢献するなど、地域の短詩型文芸の振興と発展に多大なる功績を残された。


1941 名古屋市に生まれる
1968 豊田市民俳句会発足・入会・作句活動始める
1969 松籟俳句会入会(加藤燕雨、髙橋克郎氏に師事)
1970 豊田市民俳句会議長賞(以降市長賞、中日賞、文化振興財団賞など) 受賞
1971 豊田市民俳句集編集委員(~現在)
1972 松籟俳句会新人賞(以降功労賞、松籟賞など) 受賞
1994 豊田文化協会運営委員(~1999)
1997 益富交流館俳句講座講師(以降市内交流館、公民館にて指導)
2001 第1句集「秋扇」発刊
2007 中日文化センター(岡崎)俳句講師(~現在)
2011 豊田文化団体協議会委員(~現在)
2013 小学生俳句授業


小野良之(オノ ヨシユキ)

 永年にわたり短歌に造詣を深め、一葉短歌会の会長を務め、とよた総合文化フェスティバルの短歌大会には、毎年作品を出品し、入賞・入選の栄を受け、市民合同歌集「欅」編集・発行等の実行委員となり活動し、地域の短詩型文芸振興に多大な功績を残された。


1935 豊田市足助町に生まれる
1972 豊田信用金庫内短歌の会 若葉会に入会(~1998)
1996 豊田短歌協会 一葉短歌会に入会
2008 一葉短歌会 会計就任
2012 一葉短歌会 会長就任(~2013)


多和田のり子(タワダ ノリコ)

 永年にわたり華道に造詣を深め、豊田市華道連盟監査、村雲御流紫雲会の教授として、会の運営や多くの後進の育成と伝統文化の発展に多大な功績を残された。


1942 岐阜県揖斐郡に生まれる
1960 村雲御流に入門
1966 妙勝庵を拝命
1980 豊田市華道連盟に入会
    豊田市華道豊展に出瓶(~現在)
1981 幼稚園、小中学校の入学式・卒業式等にて舞台花を生ける(~1990)
1983 村雲御流紫雲会教授就任
1987 豊田市華道連盟役員(企画、庶務を経て監査~現在)
2008 豊田市姉妹都市提携10周年を記念し市民文化使節団として訪英
2013 愛環いけばな協会役員、会計(~現在)


寺田佐和(テラダ サワ)

永年にわたり着付けに造詣を深め、「装賀きつけと作法きさらぎの会」の会長を務め、「きものショー」を始め「着付け体験教室」の開催や小学校での礼儀作法講座など積極的に伝統文化の啓発活動を進め、きもの文化の普及・振興に多大な功績を残された。


1940 西加茂郡髙橋村(現豊田市市木町)に生まれる
1983 「装賀きつけと作法きさらぎの会」設立
2003 NPO法人「和装教育国民推進会議」会員として活動(~現在)
2006 高岡農村環境改善センターふれあい祭り参加(~現在)
2008 装賀きもの学院創立30周年の記念行事として「きものショー」を開催(産業文化センター)
2012 NPO法人「和の未来」理事(~現在)
その他
 毎年 豊田市民ギャラリー展参加(着付け紹介・作法)
 毎年 着付体験教室を開催(喜楽亭)
 現在 装賀きもの学院地区校長(豊田地区校 きさらぎ会)


西川正彌(ニシカワ マサヤ)

 永年にわたり日本舞踊に造詣を深め、多くの後進を育成され、八扇会会主として会の運営や多くの後進を育成されるなど、地域の伝統文化の振興と発展に多大な功績を残された。


1956 蒲郡市に生まれる
1962 第3回八扇会舞踊公演(先代西川矢扇)にて初舞台(以後平成20年までに16回出演)
1988 師範免許取得
1991 東京「西川会」に出演(以後3回出演)
1994 豊田日舞協会へ入会
衣をどり名流会(3年毎開催)出演(以後5回出演)
1998 文化庁「国民文化祭・岐阜」出演(以後4回出演)
2000 第1回「そらの会」出演(以後2回出演)
2003 第1回「燈花會」舞踊公演を開催(2年毎開催)
2008 八扇会「50周年記念追善舞踊公演」開催(豊田市民文化会館)
2013 第5回「燈花會」舞踊公演開催


水谷汀華(ミズタニ テイカ)

 永年にわたり書道に造詣を深め、古典に立脚した幅広い作品を発表し、第15回産経書のアート展にて審査会員グランプリを受賞。書家としてのその作品は高く評価される。また、豊田書道連盟の事業部長として、連盟展などの企画、運営に手腕を発揮し、多くの後進を育成されるなど地域の伝統文化の振興と発展に多大な功績を残された。


1957 名古屋市に生まれる
1976 羽根田菖橋先生に師事
1981 豊田書道連盟に加入
1983 第31回東海書道藝術院展 名古屋市教育委員会賞受賞
1989 豊田書道連盟理事に就任
1990 第6回産経書のアート展 大賞受賞
1997 第14回中道書法展 晴嵐館記念賞受賞
1998 第15回産経国際書展 無鑑査会員特別奨励賞受賞
1999 第15回産経書のアート展 審査会員グランプリ受賞
現在 産経国際書会  審査会員
   東海書道藝術院 院人
   宏道書道会   理事
   豊田書道連盟  理事、事業部長
その他 永年に渡る豊田市民美術展への出品、財団歳末チャリティ作品展への参加


吉田稔(ヨシダ ミノル)

 永年にわたりパステル画に造詣を深め、豊田美術連盟の理事として、市民デッサン会の運営や多くの後進の育成にあたるとともに、地域の美術文化の振興と発展に多大な功績を残された。


1945 名古屋市に生まれる
1964 トヨタ自動車入社、退職まで自動車デザイン開発に携る
1990 豊田文化協会誌「とよたの文化」の「吉田さんの仕事場訪問」担当(2000まで)
1992 「とよたフォトドキュメント」審査員(~現在)
   パステル画の初個展(以後14回開催)
1995 豊田美術連盟 広報部長(~1996年)
2000 「夏休み子ども博覧会」の似顔絵講師(~現在)
2001 わたしの見つけた「豊田の50景絵画展」に参加
   「世界10人の山の写真家展」実行委員
2005 豊田美術連盟 企画部副部長(~現在)
2006 「市民デッサン会」会場責任者(~現在)
2008 市民ギャラリーの運営委員を務める


渡辺宗代(ワタナベ ソウヨ)

 永年にわたり茶道に造詣を深め、豊田茶友会役員として、会の運営にあたるとともに、茶会の席主や茶道の師として多くの後進を育成され、県民茶会、市民茶会、喜楽亭の七夕茶会で席主を務められるなど、地域の伝統文化の振興と発展に多大な功績を残された。


1940 豊田市に生まれる
1985 金谷町内作品展にて呈茶(以降2000まで)
1992 裏千家より宗名「宗代」を拝受
1994 豊田工業高等専門学校の茶道部講師
1996 豊田茶友会に入会
1997 豊田茶友会月例茶会席主を務める(以降2013年までに10回)
2000 市民茶会席主を務める(以降2003、2009)
2004 国府宮神社にて懸釜
2009 豊田茶友会会計(~2012)
2011 県民茶会席主を務める(安城市民会館)
2013 七夕茶会席主を務める(喜楽亭)
   英国ダービーシャーにて呈茶
現在 自宅にて茶道教室開講
   豊田工業高等専門学校茶道講師
   豊田茶友会理事


渡辺祐紀和
ワタナベ ユキカズ

 永年にわたり民謡に造詣を深め、渡辺民謡会の副会主として、豊田市が主催する事業、ボランティア活動、チャリティ事業など多彩な事業に積極的に参加され、後進の指導・育成にもあたり地域の伝統文化の振興と発展に多大な功績を残された。


1952 富山県新湊市(現射水市)に生まれる
1980 渡辺民謡会を夫の傳次郎と設立、副会主となる
1989 豊田民謡協会、豊田文化協会に入会
   江差追分愛知三河支部設立
1994 NHK民謡フェスティバルに正調岡崎五万石伴奏で出演(NHKホール)
1999 NHK企画新民謡ふるさと紀行CD収録、NHKラジオ深夜便出演(石垣市)
2001 英国ジャパンイヤー「車の町のアーティスト」として演奏(ロンドン) 
   「新とよた音頭」、「とよた四季づくし」制作に参画            
2004 「江差追分うたがたり」豊田公演を主催(市民文化会館大ホール)
2005 「祭座ニッポン」津軽三味線50人の演奏(豊田スタジアム)
   英国ダービーシャー青少年ジャズオーケストラと共演(カバハウス)
2008 英国ダービーシャーにて親善演奏会(カウンティホール)
2012 江差追分会愛知三河支部、豊田市文化振興財団に入会
   江差追分全国大会50回記念イベント出演(淡路市、豊岡市、大阪市)
2013 「旭えーとこ音頭」制作に参画


シェアする