主催or共催 主催事業
開催概要 農村舞台アートプロジェクトは、2010年(平成22年)豊田市北部から東部にかけて現存する国内有数の農村舞台群を地域の文化資源として活用し、地域の活性化を図るとともに、アートで新たな市民文化を発信するアートイベントとしてスタートしました。
内容は「アート」(展示)と「ライブ」(公演)の両輪で構成。
地域に根差したアートイベントのロールモデルとして注目を集め、現在に至っています。
今回は、豊田市旭地区の5か所の農村舞台で展示するアート作品を募集します。

上記作品は農村舞台アートプロジェクト2021 小原地区大坂町熊野神社 河合進氏
この作品は、地元の方の顔がもとになっています。趣味や家業などをインタビューして、イメージにあった隈取をほどこしました。

★農村舞台とは、江戸時代後半から昭和の初めにかけて、農山村の娯楽の場として神社境内などに建てられた舞台で、日本各地に広く分布しており、神事や芸能が演じられてきた舞台です。
とき 展示期間 2023年(令和5年)9月12日(火)~ 9月23日(土)12日間
搬入9月9日(土)、10(日) 搬出9月24日(日)
ところ 豊田市旭地区農村舞台 5か所
伊雑神社(太田町) 日下部町農村舞台(日下部町)
加塩神社(加塩町) 野見神社(榊野町) 神明神社(杉本町)
内容 選考委員
木本文平 碧南市藤井達吉現代美術館長
岩城和哉 建築家 東京電機大学教授
物部浩子 書家
他2名 2次審査のみ、会場となる旭地区に関連のある方を審査員として予定。

審査スケジュールは募集要項をご覧ください。下記にデータ有。
募集期間 2023年(令和5年)2月5日(日)~3月5日(日)必着
申し込み方法 下記①②を郵送またはメールにて提出してください。

① 所定の出展申込書 <※1>
② これまでの作品がわかるもの <※2>

※1 下記リンクからダウンロードしてください。

※2 様式不問、展示会の様子・作風が分かるもの・ラフスケッチ等をまとめた用紙
(A4縦位置/片面使用/自由表記/2枚以内)応募書類は返却しません。
保存や廃棄に関する判断は主催者に委ねられます。
取扱窓口 郵送の場合
〒471-0035 愛知県豊田市小坂町12-100
公益財団法人豊田市文化振興財団 文化部 文化事業課
農村舞台アートプロジェクト2023事務局

メールの場合
toyo-cul@hm2.aitai.ne.jp 下記メールリンクから提出できます。
・PDFデータでお送りください。必ず拡張子(.pdf)を付けてください
・送信の際の、送信件名は以下の通りに入力して下さい。
「農村舞台アートプロジェクト2023アート作品募集<作者名>」
後援 豊田市(予定)

メール応募先はこちら toyo-cul@hm2.aitai.ne.jp

豊田市農村舞台データベースのホームページはこちら
※上記、ホームページ内の旭地区に該当5か所も掲載されています。
※アートやライブなど、舞台を活用した写真の載っている農村舞台もあります。


ファイルイメージ

募集要項(該当農村舞台写真/スケジュール含)


ファイルイメージ

申込書(PDFバージョン)


ファイルイメージ

申込書(エクセルバージョン)







催し物情報

一覧