次代を担う子供たちに対して,伝統文化,生活文化及び国民娯楽(以下「伝統文化等」という。)の関係団体等が一体となって,民俗芸能,工芸技術,邦楽,日本舞踊,茶道,華道,食文化,囲碁,将棋などの伝統文化等を体験・修得できる機会を設けることにより,新型コロナウイルスの感染拡大によって,伝統文化等の体験機会が失われた子供たちの体験・修得の機会を早急に回復することを目的としています。
詳細は、文化庁へお問い合わせください。


ファイルイメージ

シェアする